About us

私たちについて

安心、安全な住宅に暮らしたい。
私たちは、欠陥住宅の被害に苦しむ人たちの
救済に取り組み、欠陥住宅が生まれない社会、
誰もが安全な住宅に住まう社会を目指す任意団体です。

欠陥住宅京都ネットは、阪神淡路大震災をきっかけに、建築士、弁護士、研究者、市民などがタッグを組んで1998年4月に発足し、欠陥住宅問題に取り組んできました。
設立から20年の間に寄せられた相談件数は1200件を超え、被害を救済する画期的な判決も多数獲得してきました。
欠陥住宅全国ネットに所属する他地方のネットとも連携しながら、欠陥住宅を無くすための様々な研究活動・提言を行っております。

京都ネットについて

About us

住まいの安全、平和な暮らしは
当たり前の権利です。

京都ネット所属建築士藤津 易生

欠陥住宅京都ネットは、欠陥住宅被害の救済や予防に対応することを目的に、京都府下の学者・弁護士・建築士等により、1998年4月に結成された専門家集団です。
京都ネットでは、「欠陥住宅110番」や「個別相談会」等で欠陥住宅被害の相談を受け付けているほか、日常的にも欠陥住宅被害者からの相談・調査を受付けています。

手抜き工事などによって起こる建物の不具合や瑕疵を、建築士と弁護士が 一体となり調査・検証しながら問題解決していきます。
欠陥住宅問題を一つでも多く解決できるよう日々の活動に取り組んでおります。

私たちが、あなたの安心と
安全を取り戻します。

京都ネット所属弁護士上田 敦

欠陥住宅問題は、財産的な被害にとどまらず、そこに住まう方の生命・身体を危険にさらし、家族の絆までも破壊しかねない重大な問題です。
私たち京都ネットは、欠陥住宅被害に遭われた方をサポートし、安心安全な生活の回復に全力を尽くします。
私たちの強みは、欠陥住宅問題を日頃から研究する建築士と弁護士が連携してご相談に取り組んでいることです。
ぜひお気軽にご相談ください。

Kyoto net

Message

住宅の欠陥について

Defective Home

「雨漏り」「ひび割れ」が欠陥トラブルで最も多いご相談です。
小さな欠陥も、そのままにしておくと事故に繋がる恐れがあります。

住宅の欠陥にも様々な種類があります。経年劣化で生じる欠陥もありますが、正しい方法で設計や施工が完了されていないことにより生じる欠陥もあります。住み始めて数年で発生したケースや、長年気になっていたが放っておいたケースなど、いずれもそのままにしておくと家屋全体に影響を及ぼすこともあります。
「設計や施工業者に修繕を求めても、取り合ってもらえない」「修繕のためには追加費用が必要と言われた」
こんな状況になってしまっても、諦めないでください。暮らしの安全と安心のためにも、諦めずに解決を目指しましょう。

住宅の欠陥について

Defective Home

Case

ご相談の流れ

Flow

  1. step01

    お電話・WEBから
    ご相談申し込み

  2. step02

    専門家のご紹介

  3. step03

    現場検査
    法的サポート

まずはお問い合わせを。
最適な流れをサポートします。

「施工業者とトラブルになっているけど、誰に相談したらいいかわかない」
「相談費用がたくさんかかってしまうのではないか」など、相談においてのお悩みを抱える方もいらっしゃると思います。
京都ネットでは、皆様のお話をしっかりお聞きさせていただいた上で、建築士・弁護士などの専門家をご紹介させていただきます。
ご紹介させていただいた専門家が、トラブルや相談の解決を目指して、皆様をサポートさせていただきます。
些細なこともお気軽にご相談ください。経験豊富な専門家が、諦めず、根気強くご協力いたします。

ご相談の流れ

Flow

Information

お問い合わせは無料です。
諦めず、大切な暮らしを
取り戻しましょう。

  • お電話でのお問い合わせはこちら

    075-221-2755

    受付時間 9:30~17:00

    上田小川法律事務所につながりますので、
    事前に『欠陥住宅京都ネットの件で』とお伝えのうえ、お問合せください

  • お問い合わせ・
    お申し込みはこちらから

    お問い合わせフォーム